腰痛は早めに治療しよう|日常生活に支障をきたす

医者

腰の痛みを何とかしたい

腰を触る女の人

腰痛は40代以上から症状を訴える人が増え、高齢者になると半数以上が経験したことがあるようです。その痛みは人それぞれですが、常に重い痛みを感じる人も少なくありません。この腰痛になってしまう原因とは、加齢による筋肉の衰えや骨粗鬆症、そして無理をした姿勢や女性ホルモンの変化も影響してきます。例えば、立ち仕事の人やデスクワークなどの座りっぱなしの人は、腰に負担を与えてしまいます。もともと姿勢が悪い人や太り気味の人も、腰痛の原因を作ってしまっているのです。そして、女性は生理や妊娠で一時的に女性ホルモンのバランスが乱れてしまうので、それが腰痛を招いてしまうことにもなります。症状がひどいときは病院で診てもらうようにし、治療を受けていく必要がある場合は積極的に改善していくことです。また、普段の生活から痛みを軽減できる対策や、原因を控えていくこともできます。この原因を見直さなければいつまでも続いてしまうことになるので、腰痛と向き合っていくことが大切です。

腰痛になってしまうと、痛みのことも考えてなるべく体を動かさないという人がいます。激痛の場合は痛みが治まるまで安静にしていくのがいいのでしょうが、腰痛はなるべく体を動かしていった方がいいのです。体を動かすことで筋肉が柔軟に働き、血行も良くなります。高齢者の場合は特に効果的な方法となるので、軽い運動を毎日行うようにしていくのが腰痛改善にも役立ちます。逆に、長く安静にしていれば、筋肉も衰えて体も動かしづらくなってきます。ますます腰痛がひどくなることも多く、高齢者の場合はそのまま寝たきりになってしまう人もいるのです。骨粗鬆症を悪化させてしまう原因にもなるので、体を動かさないことはよくありません。痛みが続くようなら病院で薬を処方してもらえますし、1日にでも早く腰痛から解放されるには、運動が一番いい方法なのです。硬くなった腰を柔らかくしていき、痛みのない生活を目指していくようにしましょう。