腰痛は早めに治療しよう|日常生活に支障をきたす

ドクター

病院と自宅で対策する

シニア女性

積み重ねで症状が出る

腰痛は、若いころには想像もできない症状で、小学生などの子どもには、まったく現れない症状になります。子どもの間は、身体も小さく、身が軽いので、腰には負担がかかりませんが、大人になると、体重を支えるために、腰に負担がかかるようになります。大きくなった身体を支えるために、腰が大きな役割を果たしているので、毎日の積み重ねで腰痛となることが多いのです。また、腰痛の原因は、身体の歪みにもあります。子どもの頃は、まだ、姿勢にくせなどもありませんので、身体に歪みもありません。しかしながら、大人になるにつれて、同じような姿勢をとることが増えてきます。そのため、身体の歪みによって、腰痛の症状が出ることもあるのです。ほとんどの場合に、体重や姿勢を意識することで、腰痛の症状は改善します。

病院で治療をしてもらう

腰痛がある場合には、日常生活に支障が出ますので、出来る限り早く、病院で治療をしてもらうと良いです。腰痛は、普段の生活の積み重ねが原因となっていることが多いので、病院を受診すると、その原因を取り除くための指導をしてもらうことが可能になります。腰痛を改善させるために、自宅では、指導に基づいて、普段の姿勢を正したり、ストレッチを毎日行ったりすることで、対策をすることができます。また、病院では、自宅でできないような、赤外線などをあてる治療をしてもらうこともできます。病院には、特殊な機械があるので、痛みに直接働きかけてもらうことができます。その上で、痛みを和らげるようなマッサージをしてくれたり、薬を処方してくれますので、すぐに快方へ向かいます。

腰の痛みを何とかしたい

腰を触る女の人

腰痛は、常に痛みを感じてしまう人や、体を動かすときに激痛が走る人もいます。このような腰痛にはそれぞれに原因があり、それをいつの間にか続けてしまっているので痛みが治りません。原因を把握して改善していくことで、腰痛が徐々に感じなくなってくるようになります。

詳しく見る

腰の痛みの原因

病室

身体の正中線のいずれかに異常があると、腰痛になる可能性があります。腰痛になった時は、腰痛の原因を探るのが大切です。腰痛にならないためには、日頃の姿勢を正して、適度に筋肉を付けましょう。もし痛みがでたら、整形外科などで保存療法や薬物治療といった治療を受けられます。

詳しく見る

多くの方は治療できる

腰

腰痛予防のために筋トレが重要です。しかし注意点もあり、高たんぱく食を取りすぎることや高齢者の各自での筋トレは腎機能低下や骨折の原因となるため注意が必要です。軽い筋トレを長期間続けることが効果的な方法です。

詳しく見る